アルコールは酵素にとって悪い影響を及ぼすという方も多いですがそうなのでしょうか?

ワインの大量摂取は危険実際には、ポリフェノールが多く含まれる赤ワインを1日にワイングラス1~2杯程度であれば、血流の改善や代謝の促進、睡眠導入への効果、ストレス解消に非常に効果があるため飲んでも問題ありません。しかし、それ以上の量を飲むことになるのであれば少々問題があります。体内の酵素の働きを破滅させてしまう可能性もあるのです。

アルコールの過剰摂取は当然酵素の働きを弱めてしまう

お酒は酵素の働きを弱めるアルコールの過剰摂取は、栄養素の消化・吸収を妨げてしまいます。とくに沢山の酵素の働きにかかわるビタミンB群や、ビタミンA、ビタミンC、マグネシウム、カルシウム、リン、亜鉛、鉄分などの吸収が低下してしまい、代謝活動に問題が生じてしまいます。
アルコールというのは本来血液中に吸収された後、肝臓においていくつかの酵素によりアセトアルデヒドという物質となり、アセテートという物質に変化します。そして二酸化炭素と水へと代謝されるのです。しかしこのアセトアルデヒドという物質が脳や心臓に非常に良くない物質です。つまり、アルコールを摂取することで肝臓にアセトアルデヒドがつくられてしまうと身体にとって非常に良くないのです。
アルコールを多く摂取しすぎてしまい、アセトアルデヒドを大量に発生させてしまえば、エネルギー代謝や脳の働きを阻害し、さらにホルモンの生産にかかわる酵素の働きも消化の働きも悪くしてしまうのです。アルコールおよびアセトアルデヒドによって多くの酵素、とくにトリプシンとキモトリプシンが阻害されます。これらの酵素はタンパク質をアミノ酸にまで分解して吸収させるために働きます。アルコール濃度が高い程、タンパク質分解に悪影響を及ぼしてしまうことになるので気を付けましょう。

アルコールに働きかける酵素

アルコールに対して働きかける酵素はいくつかの形で存在します。人によって違いますし、人が持っている遺伝子の構造によって変わってきます。
そのため人によって異なったスピードでアルコールは分解されていくのです。お酒に強い人と弱い人が存在するのは酵素の活性化がもともと体内にある量等が異なるためなのです。しかし決して「お酒に強い人は体内に酵素が多いので丈夫」というわけではありません。
お酒に強い人にはアルコールを分解する酵素の働きが強いだけで、他の酵素が多かったりするわけではないのです。酵素には沢山の種類があり、大量の酵素が体内で動いているためお酒は体内の酵素量の指標にはなりません。