酵素はあらゆる生命活動の根源的役割

酵素とはいわゆる「触媒」と呼ばれる物質で、それ自体は何ら変化しないまま、あらゆる生命活動の媒介になって働くことで知られます。

そのため、たとえば栄養をたっぷり補給しても、体内の酵素がきちんと働いていなければ、それを消化・吸収し、エネルギーに変換することもできません。
酵素
消化・吸収・代謝のプロセスに限らず、呼吸すること、心臓を鼓動させること、五感で外界の情報を感知すること、異物を解毒すること、考えること、感動すること、およそあらゆる生命活動に酵素は関与しています。

こうした一つ一つの生命活動に対して、それぞれ一つ一つ別の酵素が働いていて、私たちの体内に確認されているだけでも3000~5000種類以上の酵素が存在しているのです。

これだけの数の酵素が存在するのは、それぞれ代わりの利かない唯一無二の存在だからではないかと考えられます。

消化プロセスで活躍する酵素たち

消化に関していえば、唾液に含まれるアミラーゼという酵素がデンブンを分解し、胃液に含まれるペプシンがたんぱく質を、すい液に含まれるリパーゼが脂肪を分解します。
もちろん、このほかにも様々な酵素が複雑に関与し、それぞれ役割は異なっています。食べたものが消化され腸に運ばれるプロセスだけを取っても、数多くの酵素が関与していることが想像できるでしょう。

私たちの生命力を高める重要な酵素

ではなぜ細胞内なのでしょうか。それは私たちが日々食べているものが腸内で消化吸収され、血管をつたって最終的に行き着く場所が、全身を構成している40~60兆もの細胞であるからです。
細胞内酵素
細胞内では、こうした栄養素や酸素を元にして、ミトコンドリアという器官でATP(アデノシン三リン酸)という、活動するためのエネルギーが作られます。細胞内で生成される酵素は、このエネルギーの生産にも、もちろん関与しています。しかし、私がここで注目したいのは、いわゆる「細胞内解毒」に関する酵素です。

解毒=デトックスというと、これまで腸内での排泄について語られるケースがほとんどでした。じつは消化された栄養素が運ばれていく細胞内でも、老廃物や異物の解毒や分解が行われ、そこにも特定の酵素が関与しているのです。

この酵素の働きをいかに活性化させるか。つまりは腸内のデトックスはかりでなく、細胞内のデトックスをいかにスムーズに行えるようにするか。それが、私たちの生命力を高めるうえで重要な役割を果たしているとういえるのです。