酵素ドリンクを選ぶ際にチェックしておきたいポイント

酵素ドリンクの選び方酵素ドリンクはたくさん販売されていますが、皆同じというわけでもなく、原料が違えば味や飲みやすさなども違ってきます。たくさんある中からどんな酵素ドリンクを選べばいいのかわからない人も多いはず。酵素ドリンクはそれほど安いものとは言えないので、失敗なく自分に合った酵素ドリンクを探したいものですよね。
そこで、選ぶ時に酵素ドリンクはまず原材料をチェックしてみてください。酵素ドリンクの原料にもいろいろな種類があるんです。野菜や果物、海藻、菌類などを原料にしたものが多いのですが、それぞれの酵素が異なる役割を果たして効果となって現れるのでバランスよく配合されているものにしましょう。同じ役割の酵素をずっと摂取するのではなく、いろいろな種類の酵素をたくさん摂取することによって効果が現れるまでの時間や効果の現れ方も変わってくるという意見もあるのです。
次に価格と飲みやすいかどうかをチェックしてみましょう。いろんな酵素がバランスよく抽出されているといっても続けられなければ意味がありませんよね。酵素ドリンクは安いとは言えず、瓶タイプのものだと1本1万円近くかかることもあり、目的によってはかなりコストがかかってしまう場合もあります。安いだけで効果が全くないものよりは多少高いものをと考える人は多いですが、お財布と相談しながら選ぶというのも重要なポイントです。
酵素ドリンクそのものは加熱されているものではないので独特な味や臭みというものがありますので慣れる前に諦めてしまう人も少なからずいます。味が無理で飲み続けることが出来なかったとい口コミも当サイトで頂いている位です。
ソーダ水で割れるように予めソーダ水付で販売している酵素ドリンクがあったり、味もリンゴ味、ピーチ味など飲みやすくなっている酵素ドリンクもありますが、口コミやお試しサイズの購入などで自分好みの味の酵素ドリンクを見つけられると良いですね。

自分が信頼できるメーカーのものを選ぼう

効果絶大!みんなが痩せた!などと言われるとどうしてもつられてしまいがち。
酵素ドリンクの効果があった人は存在するのですが、中には全く効果がないと言われてしまうものや、酵素成分配合とは買いてあるものの酵素ドリンクではないものもあります。広告の大きなキャッチコピーだけにまどわされず、各メーカーの公式サイトなどをチェックしてみましょう。信頼できるメーカーは酵素ドリンクの原材料名や成分をきちんと公開しているものです。
商品に特に自身があるメーカーは広告は出さずとも口コミで十分広まっていきます。特に目立った広告がなくても口コミ数が多い酵素ドリンクはそれだけ人気もあり、信頼できるメーカーのものだといえるでしょう。
酵素ダイエット総合情報へ

酵素ドリンクは加熱処理されるから飲んでも意味が無いの?

成功談が多い酵素ダイエットですが、最近、酵素ドリンクは実は全く意味がないのではないかという反対意見を耳にすることがあります。

「野菜や果物などに含まれる食物酵素は熱に弱く、過熱すると壊れてしまうと言われているが、酵素ドリンクは食品衛生法にしたがって加熱処理されているため、酵素は壊れてしまっているのではないか?」というものです。

たしかに野菜や果物に含まれた食物酵素は熱に弱く、加熱調理すると壊れてしまいます。それと同じように加熱処理して作られている酵素ドリンクは、本当に酵素が損なわれてしまっていて飲んでも意味がないものなのでしょうか?酵素ダイエットを今まさにしている!という人は気になってしまいますよね。

加熱処理された酵素ドリンクには効力があるのかについてお話したいと思います。

酵素ドリンクの中に酵素は無い!?

このことについて結論から言ってしまうと、酵素ドリンクを飲む意味はあります。酵素ドリンクについて大部分の人が勘違いしていることがあります。それは「酵素ドリンクの中に酵素は含まれている」ということです。

実は、酵素ドリンクに含まれているものは酵素そのものではなく、体内の酵素を補うために必要な「発酵エキス」と「酵母菌」なのです。そのため、酵素が熱で壊れてしまうことを挙げて酵素ドリンクが意味がないと言ってしまうのは誤解なのです。酵素ドリンクに効力がないのではないか?と議論するなら、「酵素ドリンクに含まれる酵母菌は、加熱処理されても生きて体内に届くことがあるのか?」ということになりますね。

酵素ドリンクに入っている酵母菌は生きたまま!

では、酵素ドリンクに含まれる発酵エキスと酵母菌は加熱処理によってどうなってしまっているのでしょうか。酵母菌は、酵素に比べると熱に強く、加熱処理しても生きたまま酵素ドリンクの中にとどまります。食品衛生法で定められている加熱処理は、「65℃以上で10分ほど過熱」しなければいけないとされていますが、酵素は50℃でほとんどのものが壊れてしまうのに対し、酵母菌は70℃以上の熱に耐えられる種類のものがあり、酵素ドリンクに入っている酵母菌はこういった熱に強いものが選ばれているのです。

つまり、酵素ドリンクに含まれる酵母菌は加熱処理でも死滅することなく、生きて体内に届くことができています。

流行りのものには決まって反対意見が出てきてしまうものです。そういった反対意見を見てしまうと、本当に酵素ダイエットや酵素ドリンクに効果があるのか?と不安になってしまうと思いますが、酵素ダイエットに関してはキチンと効果がありますので、反対意見には惑わされず安心して高度ダイエットを試してくださいね。