酵素ファスティング当サイトを訪れてくれた方の中には、酵素ファスティングと酵素ダイエットの違いがあるのか疑問に思っていたり、ファスティングとは何かイマイチ理解が出来ていない方もいらっしゃるようなので初心にかえってご説明したいと思います。

酵素ファスティングって何?

酵素ファスティングは、断食をすること。この断食の間にひたすら何も口に入れないのではなく、必要である栄養分を摂取しつつ、固形物(普通の食事)を食べない事で内臓を休める方法を「酵素ファスティング」「酵素ダイエットによるファスティング」と呼びます。
「酵素ダイエット」のみであれば広い意味で使われている場合が多く、酵素ドリンクによる置き換えダイエットも「酵素ダイエット」の中に入ります。

酵素ファスティングの手法

人の身体は、休むことなく消化、吸収、代謝、排出を繰り返しています。この繰り返す働きに酵素という成分が必要不可欠です。
しかし体内で作られる酵素数は既に決まっており、一定量以上は増えていかないと言われているのです。さらに、身体の中の酵素の種類は2種類あります。消化酵素とよばれるものと、代謝酵素とよばれるものです。
通常の日常生活ではほとんどの場合消化酵素ばかりが利用されており、代謝酵素が使われるのはごく少量なのです。現代人は特に暴飲暴食、食生活の乱れなどで消化酵素ばかりが働く事になり、代謝酵素があまりいきわたっておらず、身体が休まったりメンテナンスしたり出来ていない状態である場合が非常に多いのです。

この消化酵素ばかりを使い、代謝酵素を使っていない日々が続くと、細胞の活性化や再生がうまくいかず、新陳代謝が行えません。代謝が行われないと肥満の原因や体調不良の原因、そして今最も増えている生活習慣病へとつながってしまうのです。体内では80%以上が消化に力を使ってしまうと言われており、この消化というプロセスは体内ではとてもストレスが高い重い仕事となっているのです。

内臓を休ませて、代謝を促す

内臓を休ませて代謝を上げるこの、常に働き続けている消化のプロセスを断食することによって休ませてあげるのが酵素ファスティング。消化を休ませてあげて、さらに酵素ドリンクを飲んで酵素を多く摂取することでできるかぎり代謝に力を注ぐのです。
代謝に力を注ぐことで、体内での細胞の循環や代謝がよくなり、身体の中にある悪い成分が抜けていき、ダイエット効果が得られるのです。
内臓を休ませることはダイエットの効果だけではなく、健康にも良いことなので酵素ファスティングが非常に注目されるようになったのです。