「補酵素」とは何なのか、みなさんご存知でしょうか?補酵素と日本語で言われても、あまり聞きなじみがない人が多いのではないかと思います。補酵素は、英語で言うと「コエンザイム(coenzyme)」で、こちらだと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

コエンザイムのCoは「補う」、Enzymeは「酵素」という意味で、補酵素と日本語に訳せるのです。補酵素は酵素と同じくらい、わたしたち人間が生きるのに重要な役割をしてくれています。この補酵素について詳しくご紹介したいと思います。

補酵素

補酵素は酵素が正常に働くために必要不可欠

酵素は、人間の体内で、消化を助けたり、新陳代謝の役割をしたり、運動で身体を動かすとき、思考するときなど、わたしたち人間が生命活動を行うのに必要不可欠な働きをしています。しかし、この酵素が体内で正常に活動するためには、補酵素が欠かせません。酵素は、タンパク質から作られていますが、補酵素はたんぱく質以外のビタミンなどから作られています。一部の種類のものを除いて、たんぱく質からできた酵素単体では、正常に体内で活動を行うことはできず、また補酵素も単独では何の役割を果たすこともできません。しかし、酵素と補酵素が一緒になると、ホロ酵素というものになり、消化や代謝など、正常な働きができるようになるのです。補酵素は体内で酵素が正常に働くために必要な物質や、体内で生成されたものを運搬する働きをしています。そのため、酵素と補酵素はくっついたり離れたりします。酵素をとることを意識していても、補酵素が不足していては仕方がありません。補酵素もしっかり食事の中で補給していきましょう。

補酵素の種類と補酵素が含まれる食品

補酵素は、ビタミンB類を中心に様々な種類があり、それぞれの役割を持っています。その中でも主要な補酵素と補酵素の含まれている食品を紹介したいと思います。

補酵素が含まれる食品
ビタミンB1は糖をエネルギーに変えるのに必要で、食材で言うと、ニンニクやネギ、大豆やたらこなどに含まれています。

ビタミンB2は、脂肪をエネルギーに変えるのに必要で、ダイエットをしている人には特に欠かせない栄養素です。食品の中では、ブリやレバー、納豆、イワシなどに含まれています。

ビタミンB6はたんぱく質、アミノ酸の代謝のために必要で、サケ、マグロ、カツオ、バナナなどに多く含まれています。

またマグネシウムは脂質、糖質、たんぱく質の代謝のために必要で、ワカメ、コンブ、ひじきなどの海藻にも多く含まれています。

酵素が正常に働くためには欠かせない補酵素についてご紹介しました。
補酵素は様々な種類があり、私たちの身近な食材で補給することができます。補酵素を大いに活用して、より効率よく酵素のチカラを引き出していきましょう。