発酵食品が体に良いとされているのは皆さんご存知だと思いますがそれは何故なのでしょうか?
これを理解するために発酵のプロセスを知っておいてほしいと思います。

食物を発酵させることの利点は微生物の働きにより食物に含まれる糖分、タンパク質、でんぷんなどの成分が分解され、身体にとって有益な要素が新しくに作り出されることにあるのです。

具体的に言うと味が美味しくなったり栄養価が高まったり保存が出来るようになるといった効果が期待できます。納豆や漬物が発行の代表的な例ですね。

こうした発酵食品を取り入れることで最も良い影響がいられる期間が腸なんです。町内には約100種類100兆以上の微生物が住んでいます。しかしこの微生物には良いものと悪いものがあり、悪玉菌と善玉菌と呼ばれています。
腸と免疫の関係から見ると微生物の働きは非常に重要です。
腸内には免疫細胞と呼ばれるリンパ球などが多数活動しています。それらは口から消化期間を通って侵入してきた病原体から身を守っていますが、乳酸菌などの善玉菌にはこれらの免疫細胞を活性化した働きがあります。もしあなたが不規則で偏った食生活をしていると娘が悪化してしまい体力が低下してしまい病気になりやすくなるのはこのためです。よく、栄養が偏った食事をしていると風邪をひきやすいといいますよね。

体内酵素を増やすには

意外と知られてはいないんですが消化器官の要にあたる腸という部分には、体内の免疫細胞の3分の2が集まっていると言われているのです。そのため腸の環境が悪化し乱れてしまうと単に腸内だけの問題にはとどまらず体全体影響を及ぼしてしまうのです。
この影響と言うのは悪い方向へ進んでしまうと生活習慣病や感染症、アレルギー系の疾患、そしてガンになってしまったりすることがあります。発酵食品をあまり食べない食生活をされている方は特に注意したいですね。

人間の体には5,000種類以上の酵素が活動している

この腸に最も良い影響を与えてくれる物質が控訴ですが、現代医学も現代栄養学もまだその重要性を十分に認識ができていないと言えるでしょう。どれほどの栄養素を食力補給しようとも体内の酵素が不足していると人間は元気な体を維持することができないのです。ですから高さは生命のエネルギーの源といってもいい重要な物質です。
人間の体には判明しているだけでも5,000種類ほどの酵素が活動しているとされています。
そしてこの種類の中で多くが腸内細菌によって作られているのです。つまり腸の状態が悪くなり悪玉菌が繁殖し腸内環境が乱れてしまうと、酵素の生成が妨げられてしまうのです。
発酵食品に含まれている酵素は体内で消化吸収されたらペプチドなアミノ酸に分解されます。これらが体内の酵素(エンザイム)のもとになる成分になると考えられているのです。
今コンザイムやエンザイムなどの名前がたくさん出回っているので何が何のための物質かわからなくなってしまいがちですよね。でもそんな中でも酵素のことはしっかりと覚えていただきたいと思います。
腸内細菌、酵素、免疫細胞と私たちの健康を維持して養ってくれている体内の動きはすべて密接な関係のもとに成り立っているのです。そしてこの関係を動かしている期間が長です。腸内環境を良くすることは生命を活性化させることにつながりますのでぜひ意識して食生活を送っていただきたいと思います。

腸内細菌