沢山の男性が悩んでいる加齢臭も酵素は味方

加齢臭を酵素で改善沢山の男性が悩みに悩んでいる加齢臭にも酵素はとても強い味方となってくれるのをご存じでしょうか?加齢臭が起こってしまう原因は難しい言葉になりますが物質名でいうとバルミトオレイン酸という脂肪酸の一種なのです。バルミトオレイン酸は、皮膚の常在菌とよばれる菌によって分解されやすくなります。このバルミトオレイン酸が分解されると加齢臭のニオイの元となるノエナールという物質に変化してしまい、加齢臭が起こります。
この物質は大元ではとても簡単にいうと脂肪酸。脂肪をしっかりと分解する力が体内にあれば加齢臭は起こりにくくなるのです。
動物性タンパク質を過剰に摂取していると、この加齢臭の原因となる脂肪酸の分泌量が非常に多くなってしまいます。昔の日本人というのは体臭が非常に少ない民族でした。がしかし、今現在ではそうではありません。
分かりやすい例でいくと、コミケと呼ばれるイベントは悪臭がすることで有名ですがそれはなぜだと思いますか?もちろん汗を沢山かいていることが原因と言われていますが汗は本来ニオイがしないもの。もともとの体臭や、菌が多くなってしまい悪臭となっているのです。
コミケに行かれている方は、食生活に偏りのある男性が非常に多くなっていないでしょうか?沢山のお金をコミケで利用するために、食生活はあまり気にせずに脂肪酸の多い食生活をしていないでしょうか?もちろん確実にそれらが原因で悪臭や加齢臭の原因となっていると確実に言えませんが、私は食べ物からくる悪臭である可能性もあるのではないかと感じています。

昔の日本人は、食事が低タンパク質のものが多く、肉や乳製品は食べていなかったのであまり体臭がないといわれてきたのです。
酵素をたっぷり含んだ食事に切り替えれば、加齢臭の原因をつくっている脂肪酸の分泌も確実に減っていくと思います。うすると体臭も気にならなくなってくるのではないでしょうか。

加齢臭とメタボリック

加齢臭とメタボリックは同じように改善が出来ると言えるでしょう。メタボリックの原因が食べ過ぎや運動不足であることはとても有名ですが、肥満が進んでしまえば内臓脂肪が出来てしまい、代謝の異常が生じることとなります。さらに症状が進んでしまえば血液中のコレステロールや中性脂肪が急激に増えてしまい、動脈硬化となってしまう可能性もあります。これらのリスクも食生活を改善することで減っていくならば是非食生活を生野菜を中心にし、時に断食を行っていただきたいなと思います。