食品を発酵させる”麹”

最近では麹はいろいろな場所で入手しやすくなりました。少し前では、一般家庭で麹を使うなんて、よっぽどの料理上手じゃないとやらないことだったと思いますが、今ではとってもポピュラーなものになりました。わたしたちが食べる、チーズやお味噌、納豆、ヨーグルト、お酒などの発酵食品は、カビや酵母や細菌などの微生物が発酵する手助けをしてくれています。食品を発酵させる微生物の一つが麹なんです。
食品を発酵させる米麹

日本食の多くは”米麹”から作られており、働きについては研究途上

麹は、お米や麦などの穀類や豆類にコウジカビを繁殖させたものです。米に生やせば米麹、麦に生やせば麦麹となり、麹には様々な種類があります。このなかでも米麹は日本人には欠かせないもので、甘酒や清酒、しょうゆ、酢、味噌などの、日本食に使う様々な食品が米麹から作られています。様々な食品を作るのにつかわれる米麹ですが、この米麹の中には酵素が豊富に含まれています。麹には訳100種類以上の酵素が含まれていて、その酵素全ての働きが解明されているわけではないそうです。

米移行時の健康効果

しかし、今分かっている酵素の働きだけでも様々な健康効果があることが証明されています。米麹を発酵させる過程で、ビタミンB群やGABAなどの栄養が生まれると言われています。GABAは発芽玄米に多く含まれています。このGABAは白米には本来ほとんど含まれていないのですが、米麹を作る過程で発芽玄米と同じ量のGABAを生産します。ABAには血圧を抑制する効果や不安を抑える効果があると言われています。

米麹を食べることでダイエット効果が期待できる!

また、米麹を作る過程で、ダイエット効果があるとされる、α-エチルグルコシドや、血圧が下がる効果のあるペプチドが生産されるのです。米麹を作る過程でこれだけ良い効果のある酵素が生み出されるのが分かりますね。これらの酵素は、米麹をたくさん摂ったからと言って多くの効果を得られるというわけではないのですが、米麹を使った食品を多く食べればこの効果を得られることは間違いないです!発酵食品には健康効果が多くあるとされています。健康に気を使っているという人は、米麹から作られた食品を多く摂ると良いかもしれませんよ!
米麹と酵素ダイエット
前述しましたが、最近では家庭でも麹を使って料理をすることが増えました。麹で肉を漬け込むと適度に塩分のついた美味しいお肉が出来上がりますし、魚に使っても美味しくなります。

しかし、酵素を家庭で使うときに注意していただきたいのは、雑菌です。衛生状況が悪いと雑菌がついてしまうので、容器や器具は清潔にして麹を使ってくださいね。