酵素の節約方法

酵素は体内になくてはならず、沢山存在する方が良いということは十分わかったと思いますが、それならば酵素を沢山使い過ぎないように節約することはできるのでしょうか?
ずばり、酵素を節約することはできます。そしてその節約の方法というのが断食なのです。

病気になった時の酵素の働きを例にして考えてみる

例えば病気になった時に、今以上にひどくならないようにと薬を飲んでいないでしょうか?少し体調が悪くなるとすぐに薬で改善しようとする方は非常に多いと思いますし、風邪をひいているのだから沢山食べた方がいいと思う方も非常に多いでしょう。
でも、自然治癒能力を考えると薬を飲むよりもプチ断食した方が効果的だったりすることがあるのです。食べ物を消化するためには沢山の消化酵素を使ってしまい、エネルギーも沢山使ってしまいます。そのため、食べないことによりこれらの消化器官が休まって、食べない事で使わなくなった体内に存在する酵素が、病気を治すために利用することができるようになるのです。

上記で述べた内容からわかるように、酵素は消化に利用しなければ沢山使わなくて済みます。そして別の部分で酵素の力を使うことができるのです。
そう考えると、食べ過ぎや、沢山食べることはかなり酵素を無駄遣いするということになりますね。食べ過ぎは良くない「腹八分目」が良いと昔から言われているのは上記で述べたような、酵素を節約することで健康的な体を保てるという、昔から自然と染みついた癖なのではないでしょうか。

沢山食べた後は、プチ断食やファスティングを

食べ過ぎたら酵素ファスティング
「沢山食べたい」「スイーツバイキングに行きたい」「贅沢な朝食」など、今沢山の飲食店が存在して、魅力的な食べ物が増えています。でもそれに負けて食べ続けていては健康状態も悪くしてしまう可能性もある上に消化しきれない食べ物が蓄積されて肥満になってしまうこともあります。ですから、できるだけたくさん食べすぎないように気を付けることが大切であるということが大切です。女性は特に、ストレスや体の周期等で沢山甘いものを食べたくなったりします。あまりにがまんすると余計にストレスがたまり精神的に良くないと思いますので、時々は発散するように沢山食べたりして良いと思いますが、是非沢山食べた後にはプチ断食を行ったり、ファスティングを回復食まで計画を立ててしっかりと行うと、心にも良いし、体も酵素の節約が出来て良いのではないでしょうか。