酵素と酵母はどんな違いがあるかみなさん知っていますか?

最近、酵素や酵母は健康や美容に良いと話題で、どっちにどんな効果があるのかごっちゃになってしまっている人も多いはずです。
フルーツ盛り合わせ

酵素は美容やダイエットに有効なたんぱく質

酵素は身体の中で消化や代謝を助ける働きがあるたんぱく質です。体内の酵素が多いと、消化する力が上がって便秘が解消されます。代謝が上がるので栄養の吸収や、老廃物の排出、脂肪燃焼などがうまくいくようになるので、美容やダイエットに効果的であると言われているのです。

酵素は、酵素ダイエットなどで注目されており、色々な商品をみかけるようになりました。体内にはもともと酵素が存在しているのですが、身体の中で生成される酵素には限りがあるので、酵素を無駄遣いする生活は避けたほうがいいでしょう。消化に悪い物だけを食べることや、暴飲暴食、飲酒、喫煙、睡眠不足などがそれにあたります。

酵素は、生の野菜や果物、魚などに多く含まれています。酵素は食事から摂ることが可能ですが、熱に弱く、壊れやすいので、生のまま食材を食べる必要があります。

酵素を作り出す酵母も一緒に摂る事

次に酵母は何かというと、単細胞の微生物で、土の中や、動物の身体の中など様々な場所に存在しています。酵母はしょうゆや味噌、パンなどの食品を発酵させる際に利用されており、我々の生活に必要不可欠な存在であると言えます。酵母は酵素を作り出す働きがあるので、酵素不足である人は、酵素を含んだ食材を食べるだけではなく、酵母もいっしょに食べるとより効率的に酵素を補給することができます。

味噌

酵母の中でも、天然酵母は食物繊維の膜で守られているので、熱に強いという特徴があります。お湯などの熱や他の刺激を加えてもその性質が損なわれることがないので、生きたまま身体全体に行き渡ることができます。酵素を作りながら、身体全体に行き渡るので、代謝を上げたい人や、冷え性に困っている人、肌の調子が悪いと感じている人は、ぜひ天然酵母を摂ってみてください。また、天然酵母は、身体の中でも発酵することができると言われています。食べたものを身体の中で発酵させてくれるので、おならや便などの匂いが気になるという人は進んで摂るべきだと言えます。酵素と酵母には、全く違う役割があることがわかりますね。

酵素と酵母が手を取り合って、その効果を発揮すると言っても過言ではありません。どちらか片方を摂るのではなく、バランスよく、どちらも摂るようにすることが重要であると言えます。