酵素には種類があるということをご存知でしょうか?人の身体の中には、数千種類もの酵素が存在しているとされていますが、なぜそんなに多くの種類の酵素が人の身体に一度に存在しているのでしょうか?

酵素の役割

酵素の種類

実は、酵素は種類によって、働きが全く違うのです。大きく酵素の種類を分類すると、もともと体内に存在している「潜在酵素」と体外から取り入れる、「食物酵素」の二種類に分けられます。さらに分類すると、潜在酵素は食べたものの消化・吸収に必要な「消化酵素」と、身体の様々な働きに必要な「代謝酵素」に分けることができます。それぞれの酵素の役割についてお話したいと思います。

(1)消化の役割を担う「消化酵素」

そもそも、酵素の働きは、消化と代謝という大きな役割があります。わたしたちの身体を動かすのに、どちらも必要不可欠な働きです。そのうちの、消化の役割を担っているのが「消化酵素」です。わたしたちが毎日食べる食事を、消化分解し、栄養を吸収するための酵素です。

唾液の中には、アミラーゼというデンプンを分解するための酵素が含まれており、胃液の中にはプロテアーゼというたんぱく質を分解する酵素、膵液の中には脂肪を分解するリパーゼという酵素が含まれています。これらの酵素が減って、消化がうまくいかなくなると、未消化となってしまったものが血液中に流れだし、血液を汚してしまったり、その結果、便秘になってしまったりします。

(2)栄養を体内の細胞に届け、新陳代謝を高める「代謝酵素」

次に「代謝酵素」の働きは、消化酵素の働きによって吸収された栄養を、体内の細胞に届け、働く手助けをする新陳代謝を高める効果があります。また、汗や尿などの体内の毒素を排出する働きや、自然治癒力を高める働きがあります。

(3)体外から取り入れ消化酵素の働きを助ける「食物酵素」

最後に「食物酵素」ですが、食物酵素は唯一体外から取り入れられる酵素で、食べるなどして取り入れると消化酵素が消化するのを助ける働きをします。

助ける働き酵素

食物酵素が多く含まれる食品は、生の野菜、果物、肉、魚や、納豆、みそ、しょうゆなどの発酵食品です。酵素は熱に弱いので、熱を通さず生で食べることもポイントです。体外からとれる酵素は、食物酵素だけなので、酵素をとりたいひとは食事から酵素をとらなければなりません。最近では、酵素が多く含まれている生の野菜や果物をスムージーにして、酵素を補給するのも流行っていますね。

スムージーで酵素ダイエット

酵素の役割については理解できたでしょうか?酵素にも種類によって役割が全然違うのです。野菜に含まれる酵素も種類があって、何をたべれば自分が求める効果が得られるのか考えてもいいかもしれませんね。