コントロールは脳が行う

食べ過ぎで太っている場合の人は、体脂肪になりやすい食品ばかりを食べすぎて体が必要としている栄養素が足している場合がほとんどなのです。通常人の食欲の情報と言うのは、脳にあるコントロールセンターで全て管理されています。ここではいろいろな信号を手がかりに体の中の栄養状態や摂食状態をチェックしています。

脳とダイエットの関係性

大脳が、お腹がすいた、食べたい、お腹がいっぱいになったのでもう食べなくと良いと言う感覚を出しています。そしてそれに応じた行動の指令を出しています。人間の色行動は、もともと遺伝子にアミングされていると言っても良いでしょう。そのコントロールは脳が全て行っているのです。本来は体が要求する以上に食べ過ぎる事はプログラミング上ないはずなのです。ところがこののに誤差が生じてしまうことがあります。誤差が生じしまうのは何時だと思いますか?

それは栄養素が不足した時です。

例えばファーストフードや高い糖分を含む食事ばかりをしていると鬱病や摂食障害などになりやすいのです。ひと昔前ですが切りやすいという言葉が流行ったときに食べ物の影響が大きいと言われていたのを覚えているでしょうか?

適切な栄養素をなしにして脳の神経細胞はまともに働く事はできません。神経伝達物質を作ることができないためです。

脳の正常な機能は脳が要求する全ての部室が供給されて初めて可能となるのです。脳の働きに必要な栄養条件を揃えれば、精神状態は劇的に変化するとも言われています。食べても食べてもお腹が空いているなどの感覚は適切な栄養素を摂取できる食事を続ければ起きなくなるでしょう。

栄養素を摂取する条件は整えるべき

人間が食べたいと思うのは体が要求しているからであり、それに逆らって我慢してしまえば必ずどこかで爆発してしまいます。
脳が特定の指令を出すのは必ず理由があります。

単純に我慢して、食事を減らすだけではなくそのサインを的確に捉えて満たしてあげることが必要となります。ですから、食べる量を減らすときは特に注意が必要で必要な栄養素は最低限摂取しておけば爆発によるダイエットの後のリバウンドを防ぐこともできるのです。