健康に良いと有名な、「乳酸菌」と「酵素」ですが、どちらも腸内環境を整える作用があると知られています。どちらも同じような効果と思われがちですが、乳酸菌と酵素は大きな違いがあるんですよ。

乳酸菌と酵素の違い

酵素ダイエットなどでも有名な”酵素”

酵素は体内にもともとあって、私たちの消化や代謝を上げるなどの様々な役割を果たしてくれています。酵素が体内で増え、代謝が上がると脂肪の燃焼がされやすくなります。その酵素の効果を使って痩せられると知られているのが、酵素ダイエットです。酵素が体内で作られる量は、一生のうちで限りがあるので、食事から酵素をとって、体内の酵素を補助することが望ましいとされています。

酵素は、生の野菜や果物、魚、発酵食品などに含まれており、それらを摂取すると、体内の酵素の役割を助ける働きをしてくれます。酵素は熱に弱いので、熱を加えずに摂らなければなりません。便秘で困っている人や、痩せたい人、アンチエイジングに励んでいる人に、注目されているのが酵素なのです。

最近は生きた乳酸菌を摂ることでも注目!善玉菌を増やす”乳酸菌”

一方乳酸菌は、酵素よりずっと前からダイエットに効果があると言われ続けてきました。乳酸菌は、体内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすことで整腸作用があるとされています。悪玉菌は必ず身体の中にあるもので、健康な身体の中では増えていくことはありませんが、不健康であったり、免疫の弱った身体の中では増え、様々な害を及ぼすとされています。

腸の調子が悪いと感じた方は、悪玉菌が体内で悪さをしているのかもしれません。また、乳酸菌は酵素のように便秘改善や、肌荒れを防ぐ効果があるとされていて、ダイエット効果も期待できます。最近、生きたまま乳酸菌を届ける商品が増えていて、生きた乳酸菌を摂ることが、腸内環境をさらによくするポイントとして挙げられます。

どちらがダイエットに効果的!?酵素と乳酸菌

では、酵素と乳酸菌は、どちらが健康やダイエットに効果的なのでしょうか。酵素には、食べたものを消化したり腸の働きを活発にする働きがあるので、ダイエット中につい食べ過ぎてしまったり、お腹の調子が悪くなってしまったという人にオススメです。乳酸菌には、善玉菌を増やし、腸内の環境を整えて代謝を高める効果があるので、運動してダイエットをしている人や、脂肪燃焼したいと考えている人、血行不良に悩まされている人などにオススメであると言えます。

酵素と乳酸菌

どちらも似ているようで少し効果が違いますね。健康や美容のためにはどちらか一つ選択するのではなく、バランスよくどちらも摂ることが重要です。