酵素の作り方

今話題の酵素ダイエットですが、自分でも作る事ができちゃいます。

作り方

  1. まずは自分にあった野菜や果物を選びます。選んだものを目算で大丈夫ですので、
    3cmぐらいに切り分けます。
  2. 切った素材を、砂糖と発酵助成剤とで混ぜて、樽などの容器に詰めます。この時よく混ざる様によくかき混ぜてください。
  3. 混ぜ終わったら最後に上から砂糖を沢山かけて、蓋をして準備完了です。
  4. その後は毎日、かき混ぜなくてはいけません。よく発酵する様に優しく
    混ぜてあげてください。
  5. 1週間から2週間後、エキス抽出に移ります。最初は目の粗い物から始めて、
    徐々に細かいものに通し、濾過をしてください。
  6. 最終的に保存容器に移して完了となります。

結構手間が掛かりますが、辛抱強い方にはお勧めです。素材の野菜や果物によって
期待される効果が異なりますので、素材選びがとても重要です。自分にあった素材を
上手に選んでくださいね。

季節別お勧め素材

3月~8月頃までは下の素材がお勧めです。
クローバー、ワラビ、イタドリ、ゼンマイ、ナズナ、クコ、クレソンなどの雑草類が効果的と言われています。
春にかけて目を出す雑草には人間の体内に溜まった毒素を、体の外に排出する働きがあるので、酵素として
体内に入れる事で、体内浄化をする事ができます。
また、タケノコやたらの芽などの新芽類も同様の理由により、素材としてはとてもお勧めです。

9月~2月頃までは下の素材がお勧めです。
カキ、ニンジン、イチジク、トマト、トウモロコシ、キャベツ、ハスネなど果物から野菜まで多種多様な
素材が集まります。素材を沢山入れる事で相乗効果が期待できますから、素材の多いこの季節には、
多くの素材を組み合わせて、より効果の高い酵素作りがお勧めです。

注意点

砂糖の量に注意。
酵素づくりに欠かせない砂糖ですが、かなり使用します。素材となるものと同等か、プラス10%程の
質量が必要になってきますので、計画的にご用意ください。

素材となる食物にも注意が必要です。
もともと臭いの強い素材、例えばニンニクやネギといったものを素材とすると、飲み易い味にはならない様ですので
気をつけてください。それでも好きだから大丈夫という方は、一度チャレンジしてみてください。

原産地の確認も必要です。
他の国のものを疑う訳ではありませんが、国産のものが一番質が良いといわれています。輸入する時に衛生面を配慮し、
薬品などが多量に散布されている可能性が高い為、可能なであれば自然な状態に近い素材をご購入ください。
酵素ダイエット総合情報へ戻る