酵素が豊富なパイナップルで便秘のお悩み解消!

酵素ダイエットに飽きてきたらこちらのレシピがオススメです!

酵素ダイエット中に適したレシピ

便秘解消に良いと言われている食材はたくさんありますが、その中でも効果が高いとされているのはパイナップルです。以前に流行っていたパイナップルダイエットは特に効果があったと言う口コミが多く見られます。パイナップルダイエットをしたら痩せることができたという意見だけでなく、「便秘が解消された」、「肌がキレイになった」という意見も多く見られます。

その理由はパイナップルに豊富に含まれている酵素にあります。パイナップルに含まれている酵素は、「ブロメリン」という消化酵素です。パイナップルを食べたときに舌がピリピリとすることがあると思いますが、それはこのブロメリンによって引き起こされるものです。このブロメリンには、たんぱく質を分解する酵素を持っています。よく、酢豚にパイナップルが入っていますよね?パイナップルと肉を一緒に料理すると柔らかくなると言われていますが、これも酵素が作用しているからなのです。お肉と一緒にパイナップルを食べると、消化が良くなり、胃や腸への負担を軽減することができるんです。

パイナップルを食べると、お腹の中で酵素が作用して、便秘だけでなく、消化不良や下痢、お腹にガスが溜まるのを改善してくれるのです。お腹の調子が全体的に上がってくれるんですね。”パイナップルを食べて肌がきれいになった”という意見の理由は、便秘が解消され、消化・吸収がスムーズにいくようになり、老廃物が排出されやすくなったからです。

そして、パイナップルを食べると痩せられる理由は、パイナップルに含まれる酵素を摂ると体内の酵素が増え、代謝が活発になるからなんです。パイナップルに含まれるクエン酸には疲労回復やがん予防、食欲増進の効果があると言われています。パイナップルを食べるときの注意は、熱を加えすぎないことです。酵素は熱に弱く、50℃以上の熱を加えると壊れてしまいます。生で食べるのではなく、肉や魚と一緒に調理して食べる際は、食べる直前に火にかけるようにしてください。

便秘でお悩みの方は、パイナップルを食べて便秘改善を狙ってみてはいかがでしょうか。

酵素たっぷりドライパイン with ぽりぽりグラノーラヨーグルト

必要な材料(3人分)

  • パイナップル(まるごとだと多い方はカットパインでもOK)200g
  • オートミール 250g
  • ココナッツオイル 約20~30g
  • ハチミツ 約70~80g
  • レーズン 適宜
  • ヨーグルト 1/2カップ

<ドライパインの作り方>

ドライパインには酵素がたっぷり
ドライパイナップルを手作りする方法は3つあります。オーブンで乾燥させる方法、専用の食品乾燥機を使用する方法、天日干しをする方法です。今回はせっかくの豊富な酵素が壊したくないので、天日干しでドライパインを作りたいと思います。

天日干しの方法について
パイナップルは5センチ角にカット。薄くカットするほど天日干しが乾燥しやすくなります。皮の部分は苦くなるので捨てましょう。ザルにのせて2週間ほど、朝から夕方まで毎日風通しの良いところで天日干ししましょう。雨の日はカビが生えないように、室内でも風通しを良くしましょう。お好みの堅さになればドライパインの出来上がりです。

<グラノーラの作り方>

グラノーラを手作り
フライパンにオートミールを(数種類混ぜ入れてもOK)きつね色になるまで乾煎りします。オートミールをいったんお皿などにうつし、フライパンにココナッツオイルとハチミツを入れ、混ぜながら軽く沸騰させます。フライパンが焦げないように火加減にご注意くださいね。お皿にうつしているオートミールをフライパンに戻し、中火で全体を混ぜて火を止めます。再度、お皿などに移して粗熱をとって冷まします。冷めたらドライフルーツ(ここではレーズンとクコの実)を加えて、グラノーラの出来上がりです。

最後にグラノーラを入れたお皿にヨーグルトをのせます、ドライパインをちりばめて、太陽の恵みと酵素たっぷりドライパイン with ぽりぽりグラノーラヨーグルトの出来上がりです!!お好みでハチミツをかけてお召し上がりください!

疲れやすいなと思ったら酵素摂取

酵素たっぷりスムージー季節の変わり目は本人に自覚がなくとも、疲れがたまりやすいものです。「なんとなく眠い」「なんとなくだるい」等の症状は出ていないでしょうか?
体は意外にも季節の代わり目に弱く、疲れがたまりやすくなったりしているものです。
そんな時は、フルーツと野菜のちからでスムージーをつくって飲んで、酵素を沢山摂取して元気な身体づくりをしましょう!
生野菜や生フルーツによるスムージーならば、ビタミンもカロチンもたっぷりと補給することが出来ます。酵素以外の栄養素も一緒に摂取することで免疫力を高め、ウイルスの侵入をもガードする効果が期待できます!
スムージーにほんの少しスパイスを加えれば、栄養だけでなく血行もアップすることができて風邪だって撃退できるかもしれません。
今回はあたたかくなっていく季節にぴったりの、身体が元気になる酵素スムージーレシピをご紹介します。

バナナ抹茶ラテ風味スムージー

抹茶のカテキンとビタミンで免疫力がアップ!
ベビーリーフを混ぜることで、ベビーリーフに含まれるファイトケミカルも免疫力を上げるために力を添えてくれます。
抹茶のカテキンには強力な抗酸化力があるのをご存じでしょうか?抗酸化は酵素と結びつきが深い効果です。抹茶にはさらにビタミンC、ビタミンA、ビタミンEを摂取させてくれるので、免疫力アップやアンチエイジング効果も期待できます。

必要な材料

バナナ1本、抹茶パウダー大匙1、ベビーリーフ10g以上(お好みで増やしてOK)、ミネラルウォーター100ml、オレンジシジャム(ガムシロップで代用してもOK)

作り方

作り方はいたって簡単。バナナを1cm位の厚さで輪切りにして、材料のすべてをミキサーに入れるだけ。柔らかいものばかりなのですぐに混ざります。

スイカとトマトのスムージー

好きな果物で手作りスムージー
スイカとトマトにはリコピンという抗酸化成分が多い物質が含まれています。トマトのおかげでリコピンは非常に有名になりましたね。暑くなってくる時期でもスイカ風味でサラッと飲み干せるスムージーをつくることができます。スイカは生で食べやすく、酵素が沢山含まれているのでとてもいい食材です。

必要な材料

スイカ200g程度、トマト4分の1個、水50ml

作り方

スイカとトマトを一口で食べることが出来る程度のサイズにします。スイカの種は面倒でもとっておいたほうが美味しいスムージーが出来上がりますよ。
切って種がとれたら、全ての材料をスムージーに入れるだけ!30秒程で美味しくて酵素たっぷりのスムージーの出来上がりです。ポイントとしてはスイカ風味が強い方が好きな方はスイカを多めに入れると飲みやすい!ということ位でしょうか。意外に美味しいくみあわせなので是非試してみてくださいね!