私たちの生命活動になくてはならない酵素の働きについてお伝えしたいと思います。

酵素は、私たちがこうして生きて、心臓を動かし、呼吸をし、食物を消化吸収し、排泄し、思考し、何かに感動する、あるいは、植物が種から芽を出し、茎を伸ばし、葉を広げ、花を咲かせて、実を熟し、新しい生命をはぐくむという、生命活動ののあらゆる場面で、触媒として関与している、タンパク質性の物質です。

わかっているだけでも、3000~5000種類、実際には、おそらく数万という単位の酵素が私たちの体内に存在していると考えられますが、これらの酵素が十分に働いていなければ、食物から様々な栄養素をバランスよく摂取したとしても、それを活用することができません。それ以前に、酵素が無ければ私たちは一瞬たりとも生命活動を維持することができないのです。
酵素の働き

酵素の貯金が減ってしまう!?

一般に酵素は、食物の消化吸収に関与する消化酵素と、それを生きるために必要な諸々のエネルギーに変換する代謝酵素とに分類されています。これらの酵素は体内に一定量が備蓄されていますが、腸相を悪くしてしまう誤った食習慣や、アルコールやたばこの摂取、ストレスの多い生活、医薬品の使用、食品から取り込まれる有害物質の解毒、電磁波や紫外線等の影響によって、大幅に消耗されてしまいます。

わかりやすくいえば、消化の悪い肉類や牛乳・乳製品ばかり口にしていたら、通常よりも多量の消化酵素が必要になるのです。あるいは、パソコンを使ったデスクワークばかり続けていれば、長時間電磁波を浴びることになり、体内に発生したフリーラジカルの活性酵素を無害化するために、様々な代謝酵素が必要になります。というよりも、こうした「酵素消耗生活」を続けていたら、十分な消化も代謝もできなくなる。その結果、私たちの生命力はどんどん衰えていってしまうのです。

イキイキして生命力の有る人は酵素が豊かな人

酵素を消耗すればするほど、私たちの生命力は衰えていき、それがやがて病気や死につながっていくことは間違いないことでしょう。
酵素でイキイキ
人がイキイキとして元気で生命力があふれている状態というのは、「体内の酵素が十分に働いている状態」に他ならないからです。
現代医学が患者さんの体を臓器別に診断してただ症状を抑えるだけの対症療法に陥ってしまっているのも、私たちの生命の今回を握っている酵素に対する認識が欠落しているからだといえるのです。

毎日食べているものを通して、外から酵素を効率よく補給するということ。食品などに含まれる酵素は食物酵素と呼ばれます。酵素は熱に弱いため、生の野菜、果物、魚介類、発酵食品などに多く含まれています。
食生活に酵素を中心とした献立を取り入れることで、体内の酵素消耗=生命力の低下を補っていくことができるのです。

毎日、意識して酵素を摂取し続けて、生命力いっぱいに暮らしていきたいですね。