野菜や果物を買ってきてつくるスムージーは手間がかかりますが、好きな味をブレンドしたい方のために!

デトックスできる酵素たっぷりグリーンスムージーのレシピを紹介!

なかなか便秘やむくみは改善されないものです。特にまる1日オフィスワークをされている方は改善が難しいでしょう。そこで是非酵素のパワーを利用して消化を促進し、食物繊維やミネラルの力で排せつを促して、身体に毒素をストックしてしまわない身体を目指してほしいと思います。普段の食事だけでは不足してしまいがちな食物繊維に加えて、加熱処理で壊れてしまって普段の食事では取り入れることが難しい酵素もスムージーなら効率よく沢山摂取することができます。
通販のグリーンスムージーランキングはこちら

レシピ1:リンゴとオクラのスムージー

リンゴに含まれるDグルカレイトの解毒作用でデトックス!
リンゴは強力な解毒作用を持っています。そしてリンゴもオクラも食物繊維が非常に豊富なので、デトックス効果がとても高いんですよ!
リンゴスムージー

材料
リンゴ半分、リンゴジャム(なければガムシロップ)大匙1、オクラ2本、ミネラルウォーター150ml
作り方
リンゴは1cm程度の角切りにして、オクラはへたを取った状態で2cm程度にカット。リンゴの皮のあるなしはお好みでOKですが、リンゴの皮には栄養分が沢山ふくまれているため、リンゴをよく洗ってからカットしてミキサーにかけることをおすすめします。
オクラのとろみでとろっとした感じのある食感になり、リンゴの甘ずっぱさでさっぱり感のある飲みごたえとなります。

レシピ2:キャベツとパイナップルのスムージー

キャベツとパイナップルに含まれる食物繊維で腸内を整える!
カロテンやビタミンCが豊富なキャベツ。このスムージーはポリフェノールもたっぷりになるので老化も防止できる効果も期待できます。
パイナップルはタンパク質を分解する酵素のブロメラインという物質を多く含んでいますので、消化促進効果を特に得ることができます。食後に胃もたれしやすい方には効果的なスムージーです。
パイナップルスムージー

レシピ
パイナップル200g程度、キャベツ40g程度、ミネラルウォーター100ml
作り方
パイナップルは1~2cm程度に細かく切り、キャベツはミックスされやすいように予め千切りにしておきます。ミキサーに入れる際にパイナップル、キャベツ、と交互にいれていくとミックスされやすくなります。少し酸っぱい味になりますので甘い方がお好みの方は少しガムシロップを入れてみることをおすすめします(カロリーが少し上がりますが…。)
少し酸っぱめの味になると思います。パイナップルの酸味が際立つスムージーです。