ストレスは酵素ダイエットの敵簡単に結論を言ってしまえば、ストレスにより酵素が減らされるわけではありません。酵素が分解し、解決していくこととなっている活性酸素がストレスにより増えてしまうのです。
酵素を沢山摂取した生活を送っているつもりでいても、活性酸素がどんどん増えてしまうと、その分使われなければならない酵素量は増えてしまうために酵素を減らしてしまっているように感じるのです。
ストレスが貯まると痩せにくくなる!?
できるだけ酵素を無駄使いしないように、活性酸素を増やしてしまわないようにストレスをためないようにしたいものです。
簡単に「ストレスを溜めないように」と、健康本やダイエット本、または医者は言いますが、現代社会でストレスを感じないで過ごすことは不可能といっても過言でない位難しい事です。過度のストレスは自律神経を狂わせてしまい、免疫力やホルモンの分泌に以上をきたして活性酸素を多く出してしまうといわれています。しかも慢性的な病気やガンを引き起こす原因とも言われているのです。
ここで重要となってくるのは、ストレスの発散法です。今最もおすすめしたストレス発散方法は瞑想です。(個人的な意見ですが)瞑想は海外ではメディテーションとも言われており、ヨガの際に利用される心を無にした状態をつくることで混乱した脳内を鎮静化させると頭の中が整理されるとも言われているのです。10分でもいいので瞑想を行うとストレス解消にとてもいいのですが、それでも晴れない方は過去の楽しいことを強く思い出すと良いとされているそうです。
人間は同時に2つのことを考えられないように出来ていると言われています。ですからいいことばかりを思い出せば、悪いことは忘れられるという法則が世の中にあるそうですのでそれを実行してみてはどうかと思います。
嫌なことを忘れようとすると、無理をすることにより嫌なことというのが膨れ上がってしまいますが、この方法ならばそうはなりません。また、朝起きた時に「今日も楽しんで過ごそう!」と自分に励ましの声をかけると人生も生活も全く違ったものへと変化するそうです。なんだか宗教チックなことを言うようですが、気の持ちようは行動にも比例するとも言われているので実践してみてはどうでしょうか?
ストレス発散の最も良い方法というのは「許す気持ち」が持てた時だと言われています。しかしこれはなかなか難しいことですが、もしそれ位大きな気持ちが持てるようになったのであればきっと自分自身にプラスに働くと思います。
ストレスを溜めないというのは酵素を無駄使いしないばかりか人間的に成長もさせてくれるのではないでしょうか。