消化酵素は「きれい」に欠かせないもの!

「酵素で疲れにくくなった」「酵素ダイエットできれいに痩せた」「酵素には美肌効果がある」など、昔から人間のきれいの手助けをしてくれる酵素ですが、そもそも酵素ってどういう働きをしてくれるのでしょうか?
人間の体内酵素は2種類。一つは「消化酵素」もう一つは「代謝酵素」です。消化酵素とは、食べ物を腸から吸収しやすいように消化してくれる役割があります。ただ食べ物を口に入れるだけでは、体の中で適切な形で吸収されることはありません。食べ物を分解して、栄養素として体に吸収されやすいように細かく分解する作業を担っているのが「消化酵素」なのです。唾液や胃液、腸液、膵液、各消化管でそれぞれの消化酵素が栄養素に合わせて活動しています。私たちが口にしている食べ物は、消化酵素の働きによって体内に吸収できる状態まで分解されているのです。

消化酵素の無駄使いをやめて痩せやすい体を作ろう

消化酵素消化酵素のおかげで食べ物から必要な栄養素を分解し体内に吸収できるため、消化という作業そのものは体の中でも優先的に行われています。消化に使われる消化酵素も優先して使われていくのですが、酵素には1日の生産量が決まっているために、消化酵素が先に使われた後、残った酵素が代謝に使われるのです。
残りの酵素は「代謝酵素」なわけですが、消化酵素をそれだけ多く使えばそれだけ酵素を代謝に回すことができなくなってしまいます。代謝も同じように人間の体には必要なもの。代謝低下は余計な脂肪を溜め込んだり、細胞が生まれ変わるスピードが遅くなったり体には良くないことばかり。体の中の酵素を消化にばかり使っている人は太りやすく、たくさん代謝に回せる人はスタイルもよく健康的なはず。しかも体内酵素は加齢とともに減少していきますので、いかに消化酵素を節約して代謝酵素に回せるかがきれいな体や健康的な体作りのキモとなってきます。

何もしなくても代謝が上がって痩せる状態にするには

消化酵素はその名の通り、消化に使われる酵素です。消化に時間がかかったりするような食べ物を食べたあとは消化酵素も活発に作用します。常にお肉や脂っこいものなど消化に時間がかかるようなものを食べてばかりの人はそれだけ普段から消化酵素を使ってばかりで代謝酵素まで出番がまわりません。ゆえに太りやすかったり、痩せにくい状態に。逆に消化の良い食べ物を選んだり、断食をして消化酵素を使わないような状態にするとその分代謝酵素にまわせますのでそのまま代謝が上がり、痩せやすい体質になったり体重が落ちていきます。
人間の中で作られる酵素には限りがありますが、日頃から酵素の含まれた食べ物を口にすることによって酵素の量は増やすことができます。消化酵素を普段からよく使っているような生活をしている人は、少しでも代謝酵素へ回せるように対外から酵素たっぷりの食事や食べ物を摂ったり、消化に優しい生活に切り替えることで太りにくい体質を手に入れることができるのです。